• ホーム
  • ニゾラールは水虫に有効な薬って本当?

ニゾラールは水虫に有効な薬って本当?

2020年02月17日
女性の脚

水虫になったと知られると恥ずかしいから、そう思って放置している方も多くいるでしょう。それで症状が治まり勝手に治るのであれば良いのですが、水虫はそんな病気ではありません。人間の体は免疫力というのもありますが、すでに感染してしまった真菌を殺菌するほどの力はないのです。代謝により白癬菌が付いた角質を落として体から無くしてしまおうともしますが、それよりも早いスピードで感染は広がって行きます。病院で抗真菌薬を処方してもらって適切に使用し、改善して行くしか方法はないと思っておきましょう。酢水や氷水などに漬けるという民間療法も伝わってきているものの、科学的根拠は無く・むしろ皮膚への刺激感が強く副作用が起こる危険性が高いです。

病院で処方されることが多いのがニゾラールです。ケトコナゾールという一般名でご存知の方も多いかもしれません。クリームやローションと剤形があるものの、使いやすいニゾラールクリームを渡されることの方が多いはずです。

こちらをかゆみなどの症状を感じる箇所・更にはその周りに塗りこんでやるだけです。ケトコナゾールには真菌の細胞膜の生合成を阻害する効果があり、使い続けることで殺菌でき完治するのです。患部のみで留めないのはかゆみを感じていない・皮膚がきれいな状態に見える部分でも、すでに白癬菌が広がっていってしまっている可能性は高いからです。すべての菌の活動を止めて死滅に追い込んでやらなければ、症状が改善することはありません。多いのが表面的にはきれいになったからと、自己判断で薬の使用をやめてしまうケースです。秋冬になってカビが好む高温多湿環境がなくなったことで活動が緩やかになり、もう大丈夫と思ってしまう方もいます。でも実は患部に潜んでいることが多く、また薬の成分が切れたら・温かくなったら元気を取り戻してしまいます。効果を得たいというなら毎日欠かさず続けて数ヶ月間は持続させること、出来れば病院でもう一度患部の角質を確認してもらい白癬菌が一匹残らずいなくなったことを確認してもらってから薬の使用をやめるようにしましょう。

抗真菌作用により水虫の白癬菌はもちろんカンジダ菌などにもおすすめのニゾラールは副作用が少ない安全性が高い薬だからこそ第一選択薬となることも多いのですが、ゼロではない以上は蕁麻疹や発疹・刺激感といった症状が出ることもあります。軽い刺激感程度なら良いものの、気になる症状が出てきたら早めに病院に行き、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

風邪のウイルスなどのように数回の薬の服用で治る病気ではありませんから、医師と二人三脚で根気良く治療をしていく必要はあります。ただそうすれば、一日たった1回塗るだけでよく効果が充分にあるのでやがては患部が元通りきれいな状態の皮膚に戻り、そしていつかは白癬菌がすべていなくなってくれることでしょう。爪水虫だと1年くらいかかるものの、ただの足水虫なら数ヶ月程度です。