• ホーム
  • 再発しやすい水虫を防ぐ方法

再発しやすい水虫を防ぐ方法

2020年06月08日

足水虫に塗り薬を頑張って塗っていたおかげでかゆみも収まり皮膚もきれいになりました。これでもう治ったと思って治療をストップさせてしまっていませんか。水虫患者で多い行動、でも実際には患部にまだ白癬菌は留まったままです。ただ単に行動をとめているに過ぎないのです。もしもこれで薬の効果効能が消えればまたかゆみなどの症状はぶり返します。再発患者が多いのは、知識が不十分で適切な治療が行われていないからにほかなりません。

たとえ完全に患部から菌がいなくなるまで頑張ったとしても、何しろ周りには白癬菌が育つのによい環境がそろっているのですからやはり感染する危険性はあります。高温多湿環境がどこかで作られていないかセルフチェックしてみてください。

危険なのは靴やマット、特に革靴やパンプスは通気性のいいとは言えない素材にも関わらず季節を問わず履かざるを得ないので感染しやすい状況です。革靴の中が最悪の状態になるというなら、靴下の素材に気を配ったり靴を2足持つことでしっかり乾かす期間を設けるのがおすすめです。5本指靴下にすれば、特に蒸れやすい足の指と指の間を清潔に保つことが出来ます。お風呂場のマット・スポーツジムのマットなど、なんとなく使用しているかもしれませんがこちらにも白癬菌が付いている可能性は大、個人用のタオルを使って足まで拭くようにして共用は避けることです。セルフチェックすればいかに菌と近い距離にあるかは分かるはず、塗り薬を数ヶ月頑張って塗り続けてもまたあっという間に再発してしまうのも当然です。

出来れば通気性のいい素材や形にこだわって菌を寄せ付けないこと・汗をかきやすい時期には替えのものを用意しておいて清潔に保つなど、再発防止に努めてください。

素足でうろつき毎日のようにお風呂のマットを共用して、そういった自体は家族間でこそ起こりやすく実際に水虫患者の多くは家を感染経路としているのです。再発で多いのもピンポン感染、それを防止するには感染者とその周りの家族のどちらもが気をつけるしかありません。なってしまったらとにかく早く病院に行って一度に皆が治してしまうことです。お互いに薬の塗り忘れが指摘出来るので、よい関係性となるはずです。面倒だから・恥ずかしいからと後回しにしている家族がいるとそれだけ再発しやすくなってしまいます。治療を始めれば数ヶ月で完治へと向かうのですから、その間は面倒でも靴下とスリッパの二重ワザで白癬菌が付いた角質を落とさないようにしていましょう。こまめにお掃除することも必要ですし様々なものを共用を避けて個人で持つこととします。

家庭から排除できれば再発率はかなり下がりますが、一歩外に出れば白癬菌はどこにいるかは分かりません。特に高温多湿環境が当たり前となる梅雨から夏の時期を中心に、フットケアを行い清潔に保つことです。食事内容や生活習慣を正して免疫力をつけることもおすすめです。